印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |




平松混声合唱団 Official Web Site

優しき歌 との出会い[中編]

日本語の心のメッセージを大切に

立原道造の詩の世界は、「優しき歌」のように、恋愛を主題にしている、ものが多い。それは単に、一人の男性が一人の女性を愛したというような、ただそれだけの話しだけではなく、恋愛を通して他の世界に移行しようとする、筋書きを持ったものが多い。つまり恋の対象になる女性と、追究したい詩(良い詩を書きたい)という気持ちの二つの世界が常に回っていて、その接点を探し求めていたように思う。それが立原自身の心の中に、もっていた「あこがれ」につながっていたのではないだろうか。


そのローマン主義的な昇華といったテーマも、音楽の世界にたとえると、シューベルト、ブラームス、ベルリオーズといったような、大掛りな楽想を持ったローマン派ではなく、その前のチェンバロなどが絶えずキラキラと鳴り続けるバロック音楽のような形で現われてくるように思う。彼の恋愛体験の幾つかは、実らない恋だったわけで、その願望のようなものが、たとえば、ちょっとしたエピソードのたびにどこかに秘められていて、人目の付かないような所で、かすかになまめいている、といったような感じをもつ。したがってこの曲を歌うにあたって、その繊細な心の動きを表現する上で、まずそれに対応できる声づくりが必要になってくる。昭和55年のコンクールで歌った「また落葉林で」の時は、声が咽喉に少したまっていたために全体的に固く重い声になっていて、爵音程も不安定な個所があった。その反省点をもとに、次年度のコンクールに向けて次のような点に注意して声づくりをした。


○咽喉で声をつくるのではなく、息の流れで歌う。
○咽喉をあけてしまって、吠えるような声にならないように。
○ソリスティクな声で歌うのではなく、ハーモニーを重視し、詩を語る意識を持つ。
○身体は自然体を保ち、支えの上に立つ。声のひびきで歌うように(この訓練は大変難しい)。


一言で言うと贅肉のついた声であってはならない。つまり感情移入を受容できる空間を有する声づくりが必要である。


以上の問題点を克服すべく一念発起で発声を変えたのである。その甲斐あって昭和56年の「爽やかな五月に」では、人々に感動を与える演奏ができたと自負している。


この小林秀雄作曲「優しき歌」は小林先生が20代から立原道造に傾倒していて、30代後半に書かれた珠玉の作品である。そこには長い間作曲したいという思いが込められている。


小林先生は「音楽−いや、すべての芸術は−いかなる国、いかなる時代、いかなる民族であれ、人間の心から心へのメッセージであるはずです。合唱音楽にあって、コトバの働きが伝わらなければ、メッセージにはなりません」と常におっしゃっている。

しかし現在の合唱界において、特にコンクール等で、依然として言葉を無視した、また言葉の意味の理解に苦しむ、難曲が多く取り上げられている。それらの選曲が一流の合唱団の証と言わんばかりである。我が国の合唱界は近年とりわけ素晴らしい発展を遂げている。が、発展と同時に、それは何か合唱界にのみ通じる独特な言語で満たされた、一風変わった世界を形成しているように私は思う。


技術、声への偏重、これは発展のために必要なことは否定できないにしても、音楽の自然な息遣い、フレージング、そして人間の深奥に潜む感情をどこかに置き忘れてしまっているように思われる。
高校の部においてもその傾向が強い。実に残念なことである。高校のクラブ活動で培った、心条を糧とした若者の命を輝かせる音楽の場であるはずなのに、難度を競うだけであったとしたらあまりにもむなしい。日本人の合唱だからこそ、せめて高校生には、日本語の心のメッセージを大切にした音楽であってほしい。合唱指導者は、風潮に流されるのではなく、もっと主体性(ポリシー)をもつべきではないだろうか。




後編−適度なアゴーギクで言葉のニュアンスを に続く [<font color=#ffffff>こちら</font>]から

「優しき歌」との出会い

半世紀以上という時間、空間を超えて、今もなお新鮮で慕わしい、立原道造の詩。立原文学の内蔵する永遠の青春性は、若い人たちの大きな魅力の一つだと言えよう。その詩に作曲された合唱曲は数多い。私がその作品を取り上げるきっかけとなったのは、昭和55年に

続きを読むLinkIcon

平混30年で思うこと

昭和50年代から60年代にかけて、私が指導していた都立八潮高校は、NHK、全日本コンクールで全国レベルにあった。毎年3年生とのコンクールにかける想いは熱かった。その年の3年生との結びつきが、演奏に反映するからだ。その結びつきが強ければ強いほど、

続きを読むLinkIcon

コンクールに出場して思うこと

最近私立中学高校生のコーラス部を指導している。毎年NHKコンクールに出場しているので、指導をして欲しいと言うのだ。しかし今さらコンクールと言われても、もう私にとっては過去の思い出になってしまっている。たしかに今までに15年以上コンクールに出場し、

続きを読むLinkIcon

演奏の緊張と喜び

様々なコンサートが毎日どこかで行われている。特に東京ではクラシックからポピュラーを含めると、一日だけでも相当な数になる。コンサートに行くとよく受付で袋詰めにしたチラシをどっさりくれる。荷物になるので一通り目を通して捨てて帰ることもあるが、めぼしい

続きを読むLinkIcon

ポピュラー音楽への想い

たしかあれは、私が中学生の頃だったと思う。当時アメリカのビルボード誌の上位にランクされていた人気歌手の歌を夢中で聴いていたのは。「ダイアナ」 や最近では「マイウェイ」で有名なポール・アンカ、「恋の片道切符」などのヒット曲がある、ニール・セダカであ

続きを読むLinkIcon

コンクール雑感

今年もNHK全国学校音楽コンクールが終わった。今年で72回と言うから、その歴史は古い。私も15年以上コンクールに出場してきたが、中学・高校生の純粋な心、無限の可能性に触れ、多くのことを学ばせてもらった。そして、沢山の財産と想い出を得ることができた。生徒と

続きを読むLinkIcon

音楽に流れる命の輝き

私は世田谷区に住んでいるが、ちょうど家の前が区立中学校で、朝ねむい目をこすりながら家を飛び出すと、その中学校から合唱が響いてきた。「あ、そうか校内合唱コンクールの季節で、朝早くからがんばって練習しているのだ」何か嬉しくなり、私も頑張らなければと、

続きを読むLinkIcon

合唱とメッセージ 

表現するということは、どういうことなのだろう。
演奏する人は、その作品に共感し、その上創造性を膨らませて、自分の思い、気持ちを演奏を通して、聴き手に 伝える。その気持ちがメッセージとして伝わったとき、初めて表現は成立するのである。つまり

続きを読むLinkIcon

私の心を動かした人達

長年演奏の仕事をしていると、自分の演奏への考え方、表現がかなり
その時々によって変化していることに気づく。それは、すぐれた演奏に出会ったり、いろいろな人達との出会いにより、その影響を受けて変わってきているのだと思う。

続きを読むLinkIcon

私の考える合唱とは

私の考える合唱とは、ベートーベンの第九の 「合唱」のような大合唱ではない。せめて20人前後の訓練された歌い 手が、すべてのジャンルの曲を歌い分けるという、小回りのきく合唱である。合唱というと大人数ではないと満足しない人が多いが、合唱は人数さえ集まれば、

続きを読むLinkIcon

クラリネット、そして歌。

私は高一の夏からクラリネットを習い始めた。それまではクラリネットという実物の楽器を見たことも触ったこともなかった。それなのに、なぜ興味を持ったのか。それは、あのすばらしい音がたまらなく好きだったからだ。気品があり、まろやかでやさしく、奥深い。その

続きを読むLinkIcon