合唱は虹色Ⅱ

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



平松混声合唱団 Official Web Site

私の考える合唱とは

私の考える合唱とは、ベートーベンの第九の「合唱」のような大合唱ではない。せめて20人前後の訓練された歌い手が、すべてのジャンルの曲を歌い分けるという、小回りのきく合唱である。合唱というと大人数ではないと満足しない人が多いが、合唱は人数さえ集まれば、お金もかからず手軽にできる音楽である。しかしその反面、これ程難しくて、奥の深い音楽はないと思っている。音楽大学の声楽家では、昔から合唱を軽視する傾向がある。大変残念なことだ。一般的にも合唱音楽はマイナーなイメージがある。それはなぜだろう。

よく「合唱臭い」という言葉を聞くことがある。それはいくつかの要素がある。それはまず発声の面である。日本人特有の響きの低く重い暗い声が、ソロの要素の強い、のどを鳴らす声作りをしてしまい、ある作品(ジャンル)は対応できても、ほかのジャンルに適応できず、歌い方が同じになってしまう。つまり、ルネサンス期の宗教などのハーモニーはすぐれているが、邦人作品の表現(言葉)やポピュラー作品なども「合唱」という一種独特な色に染まってしまうことが多い。また、技巧的な難曲でこれが合唱だと言わんばかりに、独断的に迫ってくるように思えるものもある。言葉(内容)はほとんど理解できない。歌というより、音響デザイン的要素が強く、聴く側は「これが現代音楽なのか、難曲を見事に歌ってすごい!」とは思うが、心の底からの感動が薄い。最近の中学・高校のコンクールでも、このような選曲が多く、残念に思う。皆同じように聴こえてしまうのだ。技術的難曲の訓練もよいが、この時期は、詩、歌の中から心を学んでほしい。

私は合唱(歌)だからこそ、言葉のメッセージとして詩(言葉)の細部に注意を払い、詩の心を聞き手に伝えることが最も重要だと思っている。それが伝わらなければ表現とは言えない。音楽は人の心を躍らせ、人の魂を揺り動かし、人の気持ちをしみじみとさせる、心温まるものである。聴いて下さるお客様が本当に楽しんで頂けるよう、演奏者はすべての面で最大の努力をしなければならない。自己満足であったり、独善的な独り善がりの演奏になってはならないと思っている。

歌はいろいろなジャンルに分けられる。オペラ、リート、宗教曲、ポピュラー、ジャズ、艶歌(歌謡曲)、童謡など。そのそれぞれに歴史とともにすばらしい世界を持っていて、歌い手たちはそのジャンルに精通している。しかし、それらをいざ“歌い分ける”となると非常に難しい。アメリカには、オペラとジャズを見事に歌い分ける歌手がいる。それはその歌に対する声(発声)、リズムの取り方、フィーリング(表現方法)などの違いをしっかりと解っていて、観客に伝えられるからだ。

合唱はそれらすべての歌を歌うことができる。これが最大の魅力なのだ。だからこそ“歌い分け”が可能な発声を身につけなければならない。当然ソロと合唱の発声も異なる。アメリカのロジェ・ワーグナー合唱団の公開レッスンを聴いた時、オペラ曲を歌う声と合唱の声の歌い方を実際にやってくれた。その時は、「これだー!」と心の中で叫んでいた。その他にも、曲によって並び方を変えたり、細部にわたり気を配るのだ。昨年10月にもロジェ・ワーグナー合唱団は来日し、平混はそのリハーサルを聞くことを許された。しかし、その声作りは一朝一夕にはできるものではない。非常に難しい。日本の合唱団でそれができる合唱団を今まで聴いたことがない。それもそのはず、声楽を勉強する人のほとんどはオペラ歌手を目指している。合唱に適する発声、特に日本語を美しく伝える発声を研究しなければならないと思っている。

私はすべての歌の世界を合唱を通してみなさまにメッセージとして伝えることができたら、合唱は虹色に輝くだろうと希望を持っている。そして、年配の方から子供までの幅広い層の方々に「合唱ってこんなにすばらしいんだ!」と言って頂けるような、合唱団を目指していきたい。

「優しき歌」との出会い

半世紀以上という時間、空間を超えて、今もなお新鮮で慕わしい、立原道造の詩。立原文学の内蔵する永遠の青春性は、若い人たちの大きな魅力の一つだと言えよう。その詩に作曲された合唱曲は数多い。私がその作品を取り上げるきっかけとなったのは、昭和55年に

続きを読むLinkIcon

平混30年で思うこと

昭和50年代から60年代にかけて、私が指導していた都立八潮高校は、NHK、全日本コンクールで全国レベルにあった。毎年3年生とのコンクールにかける想いは熱かった。その年の3年生との結びつきが、演奏に反映するからだ。その結びつきが強ければ強いほど、

続きを読むLinkIcon

コンクールに出場して思うこと

最近私立中学高校生のコーラス部を指導している。毎年NHKコンクールに出場しているので、指導をして欲しいと言うのだ。しかし今さらコンクールと言われても、もう私にとっては過去の思い出になってしまっている。たしかに今までに15年以上コンクールに出場し、

続きを読むLinkIcon

演奏の緊張と喜び

様々なコンサートが毎日どこかで行われている。特に東京ではクラシックからポピュラーを含めると、一日だけでも相当な数になる。コンサートに行くとよく受付で袋詰めにしたチラシをどっさりくれる。荷物になるので一通り目を通して捨てて帰ることもあるが、めぼしい

続きを読むLinkIcon

ポピュラー音楽への想い

たしかあれは、私が中学生の頃だったと思う。当時アメリカのビルボード誌の上位にランクされていた人気歌手の歌を夢中で聴いていたのは。「ダイアナ」 や最近では「マイウェイ」で有名なポール・アンカ、「恋の片道切符」などのヒット曲がある、ニール・セダカであ

続きを読むLinkIcon

コンクール雑感

今年もNHK全国学校音楽コンクールが終わった。今年で72回と言うから、その歴史は古い。私も15年以上コンクールに出場してきたが、中学・高校生の純粋な心、無限の可能性に触れ、多くのことを学ばせてもらった。そして、沢山の財産と想い出を得ることができた。生徒と

続きを読むLinkIcon

音楽に流れる命の輝き

私は世田谷区に住んでいるが、ちょうど家の前が区立中学校で、朝ねむい目をこすりながら家を飛び出すと、その中学校から合唱が響いてきた。「あ、そうか校内合唱コンクールの季節で、朝早くからがんばって練習しているのだ」何か嬉しくなり、私も頑張らなければと、

続きを読むLinkIcon

合唱とメッセージ 

表現するということは、どういうことなのだろう。
演奏する人は、その作品に共感し、その上創造性を膨らませて、自分の思い、気持ちを演奏を通して、聴き手に 伝える。その気持ちがメッセージとして伝わったとき、初めて表現は成立するのである。つまり

続きを読むLinkIcon

私の心を動かした人達

長年演奏の仕事をしていると、自分の演奏への考え方、表現がかなり
その時々によって変化していることに気づく。それは、すぐれた演奏に出会ったり、いろいろな人達との出会いにより、その影響を受けて変わってきているのだと思う。

続きを読むLinkIcon

私の考える合唱とは

私の考える合唱とは、ベートーベンの第九の 「合唱」のような大合唱ではない。せめて20人前後の訓練された歌い 手が、すべてのジャンルの曲を歌い分けるという、小回りのきく合唱である。合唱というと大人数ではないと満足しない人が多いが、合唱は人数さえ集まれば、

続きを読むLinkIcon

クラリネット、そして歌。

私は高一の夏からクラリネットを習い始めた。それまではクラリネットという実物の楽器を見たことも触ったこともなかった。それなのに、なぜ興味を持ったのか。それは、あのすばらしい音がたまらなく好きだったからだ。気品があり、まろやかでやさしく、奥深い。その

続きを読むLinkIcon

menuCloverS2.pngconcertInfoS.pngconcertInfoS.png

menuCloverS2.pngcdInfoB.pngcdInfoB.png

menuCloverS2.pngprofileS.pngprofileS.png

menuCloverS2.pngrequestS.pngrequestS.png

menuCloverS2.pngnewMemberS.pngnewMemberS.png

menuCloverS2.pngcontuctUsS.pngcontuctUsS.png

CDticketBtn.png