合唱は虹色Ⅲ

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



平松混声合唱団 Official Web Site

私の心を動かした人達

長年演奏の仕事をしていると、自分の演奏への考え方、表現がかなりその時々によって変化していることに気づく。 それは、すぐれた演奏に出会ったり、いろいろな人達との出会いにより、その影響を受けて変わってきているのだと思う。

演奏に対しては、確かな自信とポリシーを持つ と同時に、常に客観性を持たなければならない。自己満足や押しつけがましい演奏だけはしないよう心がけている。その音楽を演奏者と聴衆が共有でき、かつ共感できてこそ、“表現”が成り立つのであって、一方通行では表現とは言えないから。

私の恩師であるクラリネット奏者である三島勝輔先生から、レッスンの時に教えて頂いたことが今でも心に残っている。

先生からは、「教師になって生徒に音楽を教える時に大事なのは、機械的にただ曲を聴かせたり、演奏させるのではなく、その音楽に対する自分の“素敵だなぁ”とか“すばらしい!”という気持ちを伝えることだ。つまり、その音楽を生徒と一緒に感じあうことが大切だ」と教えられた。先生はいつも私たちのことを常に思ってくれる、私の尊敬する先生であった。

そして、私の敬愛する作曲家の平吉毅州先生。 そのメロディーの美しさもさることながら、その作品では各パートに必ず主旋律を歌わせてくれる。これは先生の歌う人に対しての思いやりである。(一般的には、とかくアルトなどは、音程の幅が狭く、和音をつかさどる音に終始する場合が多い)

先生は、コンサートが終わって、その歌のメロディーをお客様が口ずさんで帰ってもらえるような曲を書きたいと、常におっしゃっていた。また自分の作品については、「自分の手から放たれたと同時に、もう歌う人のものだから、多様なとらえ方(解釈)で歌ってほしい」ともおっしゃっていた。音楽には大変厳しかったが、その反面自分の作品には、謙虚であった。常に相手を思いやる心を持ち、私もたくさんのことを教えて頂いた。若い作曲家のなかには、自分の作品を専門用語を用いて、長々と解説し、いかにも音楽は理論的構造を把握していなければならないと言わんばかりの作曲家もいる。残念ながら、そのような作品にかぎって内容が乏しいことも多いのだ。

もう一つ、感動した話がある。私の勤めていた高校の定時制に、第10回ショパンコンクールで特別賞を受賞した、ピアニストの有森博氏が演奏に来るという話があった。「えっ! あのショパ ンコンクールで入賞した有森博が」と耳を疑った。その定時制の音楽教師と芸大で同級生だということらしい。それにしても、わずか50人前後の生徒の前で弾いてもらえるということには驚きであった。けれど案の定、生徒たちは、演奏中の私語もあり、態度も決してよいとは言えず、こちらもハラハラして聴いていた。途中で怒って帰ってしまうの ではないか、という不安もあった。演奏が終わって、教師たちが口々に、 聴く態度を詫びた。

しかし、なんと有森氏は、「私の責任です」と言う。続けて「チケットを買って私の演奏を聴きに来てくださるお客様は、当然大切ですが、私の演奏にまったく興味も関心もない人達を魅きつける演奏こそ、私の課題です」と言うのだ。20台の若手ピア ニストの言葉とは思えない。これこそ本当の芸術家(演奏家)の資質を持った人だと確信した。それ以来、私は彼のファンになり、何度かコンサートにも足を運んでいる。

このように、演奏家、作曲家、教える立場の人達は、自分の音楽に対する自信や責任と同時に、常に相手の気持ちを大切にしなければならない。聴き手があっての演奏なのだから。

「優しき歌」との出会い

半世紀以上という時間、空間を超えて、今もなお新鮮で慕わしい、立原道造の詩。立原文学の内蔵する永遠の青春性は、若い人たちの大きな魅力の一つだと言えよう。その詩に作曲された合唱曲は数多い。私がその作品を取り上げるきっかけとなったのは、昭和55年に

続きを読むLinkIcon

平混30年で思うこと

昭和50年代から60年代にかけて、私が指導していた都立八潮高校は、NHK、全日本コンクールで全国レベルにあった。毎年3年生とのコンクールにかける想いは熱かった。その年の3年生との結びつきが、演奏に反映するからだ。その結びつきが強ければ強いほど、

続きを読むLinkIcon

コンクールに出場して思うこと

最近私立中学高校生のコーラス部を指導している。毎年NHKコンクールに出場しているので、指導をして欲しいと言うのだ。しかし今さらコンクールと言われても、もう私にとっては過去の思い出になってしまっている。たしかに今までに15年以上コンクールに出場し、

続きを読むLinkIcon

演奏の緊張と喜び

様々なコンサートが毎日どこかで行われている。特に東京ではクラシックからポピュラーを含めると、一日だけでも相当な数になる。コンサートに行くとよく受付で袋詰めにしたチラシをどっさりくれる。荷物になるので一通り目を通して捨てて帰ることもあるが、めぼしい

続きを読むLinkIcon

ポピュラー音楽への想い

たしかあれは、私が中学生の頃だったと思う。当時アメリカのビルボード誌の上位にランクされていた人気歌手の歌を夢中で聴いていたのは。「ダイアナ」 や最近では「マイウェイ」で有名なポール・アンカ、「恋の片道切符」などのヒット曲がある、ニール・セダカであ

続きを読むLinkIcon

コンクール雑感

今年もNHK全国学校音楽コンクールが終わった。今年で72回と言うから、その歴史は古い。私も15年以上コンクールに出場してきたが、中学・高校生の純粋な心、無限の可能性に触れ、多くのことを学ばせてもらった。そして、沢山の財産と想い出を得ることができた。生徒と

続きを読むLinkIcon

音楽に流れる命の輝き

私は世田谷区に住んでいるが、ちょうど家の前が区立中学校で、朝ねむい目をこすりながら家を飛び出すと、その中学校から合唱が響いてきた。「あ、そうか校内合唱コンクールの季節で、朝早くからがんばって練習しているのだ」何か嬉しくなり、私も頑張らなければと、

続きを読むLinkIcon

合唱とメッセージ 

表現するということは、どういうことなのだろう。
演奏する人は、その作品に共感し、その上創造性を膨らませて、自分の思い、気持ちを演奏を通して、聴き手に 伝える。その気持ちがメッセージとして伝わったとき、初めて表現は成立するのである。つまり

続きを読むLinkIcon

私の心を動かした人達

長年演奏の仕事をしていると、自分の演奏への考え方、表現がかなり
その時々によって変化していることに気づく。それは、すぐれた演奏に出会ったり、いろいろな人達との出会いにより、その影響を受けて変わってきているのだと思う。

続きを読むLinkIcon

私の考える合唱とは

私の考える合唱とは、ベートーベンの第九の 「合唱」のような大合唱ではない。せめて20人前後の訓練された歌い 手が、すべてのジャンルの曲を歌い分けるという、小回りのきく合唱である。合唱というと大人数ではないと満足しない人が多いが、合唱は人数さえ集まれば、

続きを読むLinkIcon

クラリネット、そして歌。

私は高一の夏からクラリネットを習い始めた。それまではクラリネットという実物の楽器を見たことも触ったこともなかった。それなのに、なぜ興味を持ったのか。それは、あのすばらしい音がたまらなく好きだったからだ。気品があり、まろやかでやさしく、奥深い。その

続きを読むLinkIcon

menuCloverS2.pngconcertInfoS.pngconcertInfoS.png

menuCloverS2.pngcdInfoB.pngcdInfoB.png

menuCloverS2.pngprofileS.pngprofileS.png

menuCloverS2.pngrequestS.pngrequestS.png

menuCloverS2.pngnewMemberS.pngnewMemberS.png

menuCloverS2.pngcontuctUsS.pngcontuctUsS.png

CDticketBtn.png